3Dプリンタ「を」自分で作って、学んで、持ち帰る人気のワークショップ大阪初開催!

3Dプリンターの自作ワークショップの定期的な開催は終了しました。 個別開催を引き続き実施しております。 ワークショップ参加費は37,800円込み、 3Dプリンターキット込みで合計174,620円(税込)です。 ご希望の方は、お問い合わせください。

[開催日] 2014/03/09 (日)

3Dプリンタを組み立てて、持ち帰りいただく場合は、
157,400円です。
見学のみでの参加は、3,000円。

atom 3D プリンター キットをその場で組み立て、ソフトウェアの使い方や
3Dプリントのコツなど利用に必要な知識をすべてお伝えする豪華なワークショップです。

東京で開催されている人気ワークショップ、大阪で初開催です。

日時:3月9日(日)

10:00〜15:00 第1部 ハードウェアの組み立て
15:00〜18:00 第2部 ソフトウェアの設定、使い方、ノウハウの共有
*進行次第で、20時頃までかかる可能性があります。

場所:オオサカンスペース(大阪市中央区・本町駅)

参加費
157,400円(最大6名まで)

内訳:(合計157,400円)

  • 本体 129,800円
  • フィラメント代 4,200円
  • ヒーテットベット 2,400円
  • ワークショップ 21,000円

3Dプリンターキットは、当日会場にてお渡しいたします。
お持ち帰り用のダンボールはご用意しております。

ワークショップにはノートPC(Windows or Mac)のご持参をお願い致します。

(対応OS Windows:XP/7/8、Mac:OS X以上、CPU 1.5GHz以上、メモリ 512MB以上)
ノートPCをお持ちでない方は、事前にご相談ください。

すでにキットをお持ちの方で、ワークショップにだけ参加される方は21,000円。
*ハードウェアの組み立て(第1部)のみ見学可能です。(3,000円)
*メディアの取材の場合、参加費無料で最後までご見学いただけます。
*同業他社の見学はご遠慮ください。

講師:
加藤 大直(かとう ひろなお)
Genkei代表社員 兼 RepRap Community Japan 代表
ニューヨークにて美術大学卒業後、現地の建築デザインオフィスでプロダクトデザイナーとして、
多数のプロジェクトに参加。プロダクトデザインの経験を生かし、デザインから設計まで手がけた
オリジナルの3Dプリンターを次々と開発。
現在までに開発した3Dプリンターは6種にも及ぶ。
2011年11月、RepRap Community Japanを共同発起し、代表を務める。
2012年11月、国内初の純国産オープンソース3Dプリンター「atom」を発表。

2013年3月、一般ユーザーに対して3Dプリント技術とそこから発生する可能性を普及させるために
美術予備校時代の同級生、千村宗幹と合同会社Genkeiを共同設立。

2013年11月、 国内初の純国産オープンソースデルタ型3Dプリンターを発表。

2013年11月、MITビジネスプランコンテストファイナリスト。

日経、NHK、フジテレビ、テレビ東京など、メディア取材・出演多数。

atom 3Dプリンター

 

140223_大阪日日新聞01b
2014年2月23日の大阪日日新聞様に掲載されました。
お問い合わせ:
株式会社 EC studio スペース(オオサカンスペース)
代表取締役 大崎弘子
info@osakan-space.com

 

 

次回は、4/13(日)に開催予定です。

メンバー(月額会員)の申し込みはこちら
ビジター(1日利用)の申し込みはこちら

メニュー

運営者について

株式会社Kaeru 代表取締役 大崎弘子を中心にスタッフ8人で運営しています。 代表兼管理人 大崎弘子 スタッフ紹介

オオサカンリビングルーム

テーブルとソファがある、とっても明るい20畳のシェアリビングルームです。自宅のようにくつろぎながら、ひとりで閉じこもったり、チームで集中して作業したりできます。

株式会社 Kaeru運営サービス

定期開催イベント(無料)

■メールアドレス:

Copyright (C) 2012 - 2018 Kaeru Inc. All Rights Reserved.