コワーキングスペースは「料金表」次第、集まる人が変わります。

オオサカンスペース 大崎弘子です。

コワーキングスペースは「料金表」次第、
集まる人が変わります。

ほかのコワーキングスペースに行くとき、
事前に料金表をじっくりみると、
だいたいどんな人が集まって、
どんな場所になるか頭の中に浮かんできます。

といって、難しいことではありません。
ちゃんと考えるだけです。

コワーキングスペースを作るときに、
どんな場所にしていきたいのか?

その目的にあわせた料金表を作ることはとっても重要です。

例えば、2時間500円(フリードリンク)、
カフェ代わりにも行きやすいですよね。

ちょっとした空き時間に利用しやすいですね。

営業の合間にメールチェックをしたり、
勉強する学生さんが目に浮かびます。

いつも大勢の人で賑わいそうです。

いつも決まった曜日のこの時間にいるあの人
といった交流が始まりそうですね。

一方で、オオサカンは月9,800円、1日2,000円、
都度利用は高いと感じられる方が多いでしょう。

月額費用が安いので、
メンバー利用が中心の場所です。

長時間過ごす人も多く、よく会う人からはじまり、
ランチを誘い合うなど、そんな雰囲気の場所です。

料金によってその場に来る人が変わる、
そして、その場で起こることも変わります。

「どんな目的でコワーキングスペースを作るのか?」

目的にあわせた料金表を作ることが本当に重要なんです。

わたしは、2011年にChatWorkのグループ会社として独立、
翌年1月に大阪の本町でコワーキングスペースをはじめました。

オープン当初は40人だった月額メンバー数は、
120人を超え、スペース内からは
「あきっぱ!」「MyISBN」「さのもの」
といった様々なコラボ事例が生まれ、成長期に入っています。

また、生まれた会社も10社以上あり、
ここで出会った人たちが縦横無尽につながり、
協働が次々に生まれています。

上記の記述では簡略化するために、
多くの要素を省きましたが、
「同伴制度」「予約制」「一部のみオプションが有償」
などいろんな値段を決めるときに工夫をしています。

なかなか決まらないこともあります。

ウンウンうなりながら作っていますし、
現在も改善を重ねています。

決めるときの基準は、なぜこの場所を作ったのか?です。

わたしの根底に流れるのは

やりたいと思ったことを「できる」と思いたい

です。

例えば、次の休みに沖縄に行きたいと思っていて、

行く日も決まった!
友達と休みがあった!やった!

飛行機手配OK!
ホテル予約OK!いける!

という瞬間、まだ日常生活の中にいるのに
めっちゃワクワクしませんか?

脳内が興奮に包まれます。

まだできていなくても「できる」と思うことってすごいことなんです。

そんな瞬間をどんどん作り出していきたいと思っています。

その中でも、オオサカンに関しては特に「働き方」
「できる」を叶える場所です。

働き方が多様化し、会社という組織から離れて自由になったけど、
ひとりじゃ好きなことができないと知っている

そんな人が集まる場が作れたらと思って、ここを作りました。

人によって違いますが、

「おもしろいと思える仕事で食べていきたい」
「ひとつの会社に縛られず働きたい」
「夕方までに仕事は終わらせたい」

などちょっと働き方にこだわりを持った人が多く集っています

自分の体験を少しお話しすると、
紙に絵を書ける人は多くても、
自分で書いた絵をLINEスタンプにできることは
また知らない人の方が多いんじゃないか?とふと思いました。

LINEスタンプを仕事にできるって素敵!

自分の絵をスタンプにする、そしてそれを仕事につなげていく
そんな講座をやってみたいと思いました。

でも、わたしは画像編集ソフトの操作どころか絵を書くこともできません。

そこでメンバーである漫画家さんに話し、
協力を仰ぎ、共同でLINEスタンプクリエイター講座を
あっという間に実現することができました。

このように、なにかをやりたいと思っても、
ひとりじゃできないことって多いんです。

受付フォーム、決済の仕組み、当日の運営や告知に、
「知識」や「経験」も必要です。

そんなものが日常的に普通に「ある」場所
そんな場所が作りたかったから、
いまの料金表になったんですよ。

オオサカンスペースの詳しい資料プレゼント(PDF)

オオサカンスペースの詳しい資料プレゼント(PDF)

年末年始の営業時間

12月
28日(金)通常
29日(土)休み
30日(日)休み
31日(月)ビジター利用 18時まで
1月
1日(火) 休み
2日(水)休み
3日(木)休み
4日(金)通常


メンバー(月額会員)の申し込みはこちら
ビジター(1日利用)の申し込みはこちら

メニュー

運営者について

株式会社Kaeru 代表取締役 大崎弘子を中心にスタッフ8人で運営しています。 代表兼管理人 大崎弘子 スタッフ紹介

オオサカンリビングルーム

テーブルとソファがある、とっても明るい20畳のシェアリビングルームです。自宅のようにくつろぎながら、ひとりで閉じこもったり、チームで集中して作業したりできます。

株式会社 Kaeru運営サービス

定期開催イベント(無料)

■メールアドレス:

Copyright (C) 2012 - 2018 Kaeru Inc. All Rights Reserved.